先頭に戻る

MENU

トラブル

車売却のトラブルで一番多いのは、事故歴があるのに嘘をついて売る事です。
車を売る人は、事故有りの場合、告知義務があります。
もし告知せずに売った場合、売却額が振り込まれた後でも、差額の損害分を請求される事になります。

 

しかし「事故車」の定義を知らない人は多いです。
査定士によっては査定が下がらない修正の程度なのに、事故車だから査定額が下がりますといって安く買い叩こうとする業者もいます。

 

最近は、トップページで紹介した一括査定を利用する方が多いので、嘘を言って安く買い叩かこうとする業者は減りましたが、売る側も最低限の知識はつけておくようにしましょう。

 

事故車の定義

「事故車の定義」は、車の骨格部分のフレームを交換・修理した場合です。
以下の画像をご覧ください。
ドアが凹んだので修理したのは「事故車」には、なりません。

事故車の定義

 

後ろのバンパーをぶつけられて交換したのも程度によりますが、事故車にはならない場合もあります。
心配であれば、一括査定をした際に、各々の買取店に「事故車になりますか?」と聞くようにしましょう。
複数の買取店に聞くことによって、嘘をついている買取店が分かります。

 

査定士は事故車を見ぬけない?

査定士の方に聞くと、ベテランであれば事故車の修理歴を見落とす事はまずないとの事です。
ベテランではない場合に見落としたり、実際に走らせないと分からないエンジン回りのトラブルは見抜く事が出来ません。

 

そのため、事故車なのに申告せずに後から事故車と判明した場合、減額分を請求する旨が契約書には盛り込まれています。
「事故車として認識している場合に告知する義務がある」というのが民法上の定義なのですが、この後にかくようなトラブルに巻き込まれる場合もあります。

 

中古車で購入した車を売ってトラブルに巻き込まれる事も

中古車を購入して、それが事故車と知らず無事故の車として売った場合に、次のオーナーで事故歴が判明して損害請求が来たトラブルがあります。
厳密には「事故車として認識していない場合は告知しなくて良い」のですが、買取店はそれでは納得してくれません。

 

ディーラーで修理した場合は、ディーラーでは車体番号を記録する事になっているので、もしトラブルに巻き込まれた場合は、ディーラーに修理歴の有無を確認しましょう。

 

お互いが譲らずもつれ込んだ場合、裁判すると脅してきますが、裁判費用の方が高く赤字になるので実際に裁判までいく事は、まずないでしょう。
しかし相手は交渉のプロなので、あの手この手で損害を払ってもらおうとします。
こちらは精神的に消耗しますし、時間も取られますので妥協したり泣き寝入りする方も多い様です。

 

私の経験上、万が一を考えて査定時に以下の対策をされる事をお勧めします。

・音声レコーダーで査定時・契約時の会話を録音する
 ⇒スマートフォンをお持ちであれば、無料の音声録音アプリが多数あるのでコストはかからないです。

 

・中古車で購入した車を売る場合、「私が乗っていた期間は無事故」「○○を修正した」と正直に言いましょう。
 ⇒あくまでも自分が認識している事を正直に話すようにします。

 

まとめ

誰でもトラブルには巻き込まれたくはないです。
しかし、突然やってくるのがトラブルです。

 

大きな買い物、金額が高い物を売る場合は、契約書はもちろんですが音声録音して残す習慣をつけるようにしましょう。
万が一裁判になった場合、証拠がいくつあるかが大事で音声録音も強力な証拠になります。

 

なお、音声録音したデータはパソコンに吸い上げるか、SDメモリカードなどに保存して失くさないようにしましょう。
スマートフォンを変えて録音したデータが分からなくなったのでは、録音した意味がありません。

 

何事もトラブルを想定して用心をするのが賢明です。