先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

中古車は、1台1台状態も違い、購入は早いもの勝ちの世界です。
車種、年式、装備、予算を決めて、購入は素早く行うのが良い中古車を購入するコツです。

 

毎年買い替えていた筆者の中古車を購入する際の流れを紹介します。

 

準備編

車種を決める

特定の車種名が決まるまで、ネットで情報収集します。
特定の車種が決まっていない場合は、展示台数が多い中古車販売ショップに行くことをお勧めします。
実車を見たり説明を受ける事で、自分にあった車種を絞り込みます。
あとは、車の雑誌を見るのも良いです。

 

年式による装備や、相場を把握するために、車種を絞ることは必要です。
2つ、3つで迷っている場合は、それぞれのメリット、デメリットをしっかり調べる事をお勧めします。

 

価格相場を把握

車種が決まったら、年式による中古車相場を把握します。
それには、カーセンサーが便利です。
「中古車相場を見る」ボタンがあるので、年式による相場が把握できます。
※「フリーキーワード」で検索した場合は、中古車相場を見るボタンが出てこないので、TOPページ⇒メーカー⇒車種の順で中古車一覧を表示させましょう。

 

ここまで来たら、グレードによる装備の違い、年式による装備の違いも頭に入れて、色やオプション装備も決めます。

 

購入方法は主に2つ

欲しい車種、年式、グレード、装備、予算が決まったら以下の2つで中古車を探します。

 

ネットで探す

カーセンサー等をフル活用して、2、3日に1度ぐらいチェックします。
そして希望の車種が出てきたら、1日も早く実車を見に行って納得したら契約する事をお勧めします。
先客がいて検討中でも、契約したもの勝ちの世界です。
問い合わせる場合は、メールではなく、電話をお勧めします。

 

と言うのも、自分がお得と思っている車は、他の人も目をつけている可能性が非常に高いです。
メールでは返信が遅くなりますので、電話で問い合わせが1番です。

 

信頼出来るお店で探してもらう

業者専用オークションがあるので、ネットでなかなか欲しい車種が出てこない場合でも、すぐに見つかる非常に有効な方法です。
デメリットとしては、実車を見て購入出来ないので、お店の方との信頼関係がない場合は、この方法はリスクもあります。

 

予算もしっかり伝え、日中メール等見れるのであれば、都度必要な写真などを見せてもらいましょう。
なお、業者のオークションを使えば、すぐに車は見つかるので、背伸びした価格で購入する必要はないです。