先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

旅行やスノボー等が好きな人で、車中泊をしたい人向けに書きます。
筆者は軽キャンを所有しているので、その経験もふまえて書きます。

 

熟睡するには?

完全フラットじゃないと熟睡は厳しいです

 

運転席を目いっぱい倒して、後部座席も倒すと見かけ上、平たんに出来る車があります。
しかし、ちょっとした段差があると熟睡はできないです。
仮眠程度なら大丈夫ですが、家で寝るのとは程遠く、疲れが残ります。
フルフラットが大切

 

快適に寝る3つの方法

筆者が知る限りの3つの方法について書いてみました。

プロに改造を依頼する

ほとんどの車で、フルフラットに出来るよう後付で改造してくれます。
また、ビルダーと呼ばれる会社は数多くあるので、ネットで調べたり、後は年に何度か開催されているキャンピングカーショーに参加してみるのもお勧めです。
値段もまちまちですが、フルフラットにするだけなら安い所だと20万円ぐらいで出来ます。

 

筆者はビルダーで後付けしたもので、色々つけているので80万円でした。
ただ不要と思う装備も多々あるので、今だったらフルフラットだけ依頼して、後は自分で工夫したりDIYするのを選ぶと思います。

 

↓筆者の車。プロのビルダーが製作。いろいろ装備がついて80万円していますが不要と思う装備も。寝るのは非常に快適です。
筆者の車

 

車中泊用にDIY、キットを買う

人気車種なら、車種名+車中泊で調べると、段差を埋めるための簡単なクッションや、キットが販売されています。
プロの改造と比べて、見た目や使い勝手は悪いですが、通販で買えるので、車を預けなくて済み安価に出来ます。
興味があり、まずまずは車中泊したいという方は、キットが良いかもしれません。

 

車中泊に適した車を買う

数少ないですが、車中泊用に最初から考えられて作られた車があります。
・ホンダ フリードスパイク
・トヨタ ハイエース
 ⇒後部座性が広いので、そのまま寝れる

 

車中泊しやすい車でN-BOXなどがあります。
人気車種は、通販で買えるキットも多いです。

 

専用車を買う

あとは「テントむし」等のキャンピングカーに最初から改造された専用車を買う方法もあります。
価格や通常の実用では、改造キットを後からつけた方が良いですが、キャンピング用途に関しては、これに勝てるものはありません。

 

↓テントむし
てんとむし
※画像は、バンショップミカミのサイトより引用