先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

筆者は購入した次の車が来るまでの間、中古車業者から代車を借りていました。
そして、その代車でバイクと軽い接触事故に合いました。

 

事故にあった時の対応

まずは、代車を借りている業者に事故の報告をして、対応を仰ぎます
昼だったので良かったですが、夜だったら連絡とれないですし万が一の事故の事も考えて、代車で夜に運転するなどは、なるべく避けた方が良いです。

 

警察に事故の連絡

警察に事故の届け出をして、交通事故証明書を発行してもらう必要があります。
そうしないと、自動車保険が使えなません。

 

筆者の場合

参考程度にしてください。必ず代車を借りている業者と、警察には届出する事をお勧めします。

 

まず、筆者の場合は、原付の方が前方を見ておらず、車が左折時にバイクが急ブレーキを掛けるも間に合わず、車の後部に軽く接触という事故でした。
原付に後方にいるのは事前に分かっていたので、方向指示器を余裕をもって出し、減速してゆっくり曲がりました。
代車だったのもあり、いつもより、慎重に運転していた上での事故でした。

 

事故をした後、バイクの方の怪我の確認をしました。
バイクの方の怪我はなく、バイクと車に擦り傷が出来ていました。
バイクの方は、前方を見てなかった旨を誤っておられました。

 

代車だったので、すぐに借りている会社に電話し確認した所、車は古い車なので、動くのであれば修理代等は不要、ただし相手と後々揉める事があるので、警察に届けるか、もし示談にする場合は「一切の請求を今後しません等の念書をもらうように」と言われました。

 

バイクの方の、電話番号とナンバー、名前をメモさしてもらい、警察には届出せずに、修理代が発生する場合は、後日連絡する旨を伝えて、その場を解散しました。

 

今思えば、ちゃんと警察に届け出するべきだったと思います。
幸いその後、特に連絡する事も、かかってくる事もなかったのですが、何かあった時に、揉める可能性が十分ありました。

 

筆者もまだ若かったのもあり、また彼女とデート中だったので、時間が取られるのが嫌で、示談というか、何かあったらお互い後で連絡取り合うという形にはしましたが、今だったら時間かかっても警察に届け出したと思います。

 

相手の携帯番号が嘘、原付が盗難車、後から慰謝料を請求されるなど、考えたら様々なリスクがあります。
そんな場合に警察に届け出していない場合は、保険は使えず、自腹で払うか、交渉する事になります。