先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

【質問】
事故でぶつけられた場合、売却時の減額分は請求できる?

【回答】
車売却時に「修理歴あり」となるような事故の場合、評価の減額分を請求できる可能性があります。
修理歴あり・事故者の定義はこちらをご覧ください。

 

なお、保険会社が相手の場合、交渉は非常に難航するので、自分の保険会社に交渉を進めてもらう事をお勧めします。

 

※事故の過失割合にもよりますし、修理歴ありなケースかどうかも関係するのでケースバイケースで参考にご覧ください。

 

「修理歴あり」になるかがカギ

バンパーを少し擦った、ウィンカーを少し擦った程度では、修理すれば売却時の評価は下がらないです。
その場合は当然ですが、修理代以上は支払われないです。
なので、まずは「修理歴あり」となるかどうかを、見極める必要があります。
これは素人が判断するのが危険なので、修理するディーラーや板金やで事故の程度を見てもらい「売る際に修理歴ありとなりますか?」と聞くようにしましょう。

 

評価損の証明

骨格部分の修理が必要で「修理歴あり」となる場合、事故による査定額の減額分の請求を行います。
しかし相手が保険会社は場合、ちょっとの事では減額分を認めてくれません。
数多くの事故を扱っているプロなので、こちらも保険会社を通して交渉するのが得策です。

 

減額分の証明として、財団法人の日本自動車査定協会で、査定および、事故減価額証明書を発行してもらえます。
これをもとに交渉するのは非常に強力です。
上記の協会を利用するにしても、どういう対応がベストか自分の保険会社と相談しなら、進める事をお勧めします。

 

口頭で減額分を保障してくれと言っても、聞き入れてくれないので注意です。

 

過失割合によって負担

事故は、10:0でない限り、自分の車の修理も過失割合に応じて負担する必要があります。
事故の過失割合はもめる事が多いので、もめた時用にドライブレコーダーなどを搭載しておくのが望ましいです。

 

特に交差点の事故では、黄色信号でも赤と言われたり、信号無視して飛び出してきたなどと言われる事も多々あり、過失割合で揉めるケースは非常に多いです。
過失割合に納得いかない場合は、こちらも記事も参考にしてください。

 

1番は事故しないのが良いですが、気を付けていても事故に巻き込まれる事もあるので、やはりドライブレコーダーなどの対策は非常に有用です。