先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

【質問】
軽自動車にハイブリッド車はないの?

【回答】
2014年8月に、ワゴンRにハイブリッドモデルを発売しました。
ただし、マイルドハイブリッド(電気だけの力で走行はできず、エンジンをアシストする仕組み)のため、CM等ではハイブリッドでの売り出しはしない方向の様です。
※パンフレットでは、「軽初のハイブリッド」とでかでかと歌っています。

2014年8月25日発売

ワゴンR ハイブリッド

 

あまり宣伝されていない理由

パンフレットでは思いっきり、宣伝していますが、テレビCM等では積極的にはやらないようです

 

その理由は、以下の様です。
・プリウスのようにモーターだけで走る、完全なハイブリッドシステムではない点
・エネチャージなどの技術を売りにして販売していきたい

 

ワゴンRでは、マイルドハイブリッドをS-エネチャージとして売り出しています。
燃費は、32.4kmです。現行プリウスとほぼ同じ数値です。

 

これでプリウス等と同じ、ハイブリッドシステムであればリッター40km超えも夢ではなさそうです。

 

進む燃費向上技術

軽自動車の燃費向上は、2014年のここ1年を見ても、目を見張るものがあります。
3年前に、アイドリングストップを搭載して、リッター22.8kmの軽自動車が出たので驚きでしたが、今やワゴンRはリッター30kmの燃費です。
現行プリウスの燃費の32.6kmに迫る勢いです。
低燃費車を買う際の選択肢として、ハイブリッド車以外でも良いのじゃないかとすら思えてきます。

 

アイドリングストップは、もはや当たり前になり、エネチャージなどの補助バッテリーを積極的に使った燃費改善、エンジンの改善など、各メーカー燃費向上にしのぎを削っています。

 

ディーゼルにも注目

軽油の価格は、ガソリンの価格と比べ、リッターあたり30円近く安いです。
燃費が良く、馬力が出やすいディーゼルは、今後ますます搭載が増えていきそうです。
ガソリン価格を含めた、燃費価格を考えると、ハイブリッド車と大差がない程です。

 

ハイブリッドシステムは、日本では、あらゆるタイプの車にさらに搭載されていくと思いますので、車を買い替える際は、ハイブリッド車をはじめ、燃費にも注目して車の購入を検討する事になりますね。