先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

【質問】
軽自動車の増税はいつからですか?
また、中古車で購入した場合も対象になりますか?

【回答】
増税は2015年4月以降に購入した新車購入が対象です。
中古車の購入は対象にならず、今まで通り7,200円です。
増税額は、現在の7,200円から1.5倍の10,800円に増税されます。

 

増税の納税は2016年から

2015年4月から増税されますが、増税後の税金を支払うのは2016年4月以降となります。

 

なお、軽自動車は仕事で使用する「貨物車」と「営業車」の区分があります。
それらの税金は、約1.15倍に増税され、乗用車として登録されている軽自動車の1.5倍の増税額よりは低く抑えられています。

 

13年以上過ぎた車も増税

軽自動車の増税の話ばかりが話題になっていますが、実は新車登録から13年が過ぎた車も、増税になります。
こちらは、中古車等に関係なく新車登録から13年過ぎた車が対象です。

 

増税額は、通常の税金の1.2倍となります。
今までも13年以上の車は増税されていましたが、その額は1.1倍でした。
それが1.2倍になるという事です。

 

維持費が安いのが売りだったのに…

「普通車と税の格差を無くすため」というのが建前のようですが…。
1度増税を許すと、また何処かのタイミングで増税になるような気がするのは筆者だけでしょうか?

 

なお、新車・中古車の購入時に1度だけ払う、自動車取得税は、消費税が10%になった段階で0%(廃止)されます。
毎年支払う、軽自動車税の増税の方が影響は大きいですが…。

 

軽自動車は高い…

新車で軽自動車を購入した事がある人は感じたと思いますが、普通車のコンパクトカーと同じか、それ以上値段しますよね・・・。
理由を筆者なりに考えますと、軽自動車はほぼ国内専用にエンジン等を開発しており、コストダウンがしにくいのが理由と思います。
普通車であれば、海外展開を視野に入れているので、量産化でコストダウン出来ます。

 

現に、自動車メーカーの工場に勤める知り合い曰く「軽自動車は儲けが普通車よりも少ない」との事です。
軽自動車の販売に積極的でないメーカーは、そういった理由から、あまり力を入れていないそうです。

 

とはいえ、インドやインドネシアなどの新興国では、ダイハツやスズキの軽自動車のノウハウは活かされているのも事実です。

 

話はそれましたが、消費税や自動車税、増税ばかりで、財布がますます寒くなる一方です。