先頭に戻る

 

MENU

再査定のトラブルは、以下のようなものです。

「査定後、契約書を交わしたにも関わらず、聞いていない不具合が見つかったと言われ査定額を減額される。
 契約をキャンセルする場合は、違約金が発生する」

 

中には、車を引き取られた後や売却額を振り込まれた後に、上記を言われる場合もあります。

 

トラブルになる原因

トラブルのほとんどは「事故した事ありますか?」と聞かれ、
事故した事があるのに「ない」と答えた場合です。

 

自分の知識を過信しない

車売却の知識がある方なら、事故=「修理歴あり」 ではない、というのを知っている方がいます。
少しブツけたぐらいで「修理歴あり」には、ならないので、事故した事は「ない」と答えるのは注意が必要です。
査定士は、修理歴ありの有無ではなく、小さいものも含めた事故の有無を聞いている場合があります

 

無駄なトラブルを避けるため、小さい事故や修理も、隠さず申告するようにしましょう。

 

法律的なお話

民法第570条の「瑕疵担保責任」が、車を売る際に関係してきます。

瑕疵担保責任とは、売る物に欠陥があり、通常の注意では気づかないものである場合に、売主が買主に対して、瑕疵の責任を負うという法律です。

 

車の場合は、エンジントラブルや、車の事故などを、売る際に無申告、および虚偽の申告をした場合、契約後であっても修理代等の減額分を引くことが出来ます。
とは言っても、査定時に、査定士が車を一通りチェックします。
修理歴などは、ほぼ見分ける事が出来るそうです。
そうなると、実際にトラブルになるのは「事故や修理歴を故意に言わなかった」場合に限定されそうです。

 

音声録音も有効

トラブルが起こると、言った言わないの世界になるので、心配な方は、査定時や契約時のやり取りを音声録音しておくのをお勧めします。
実際にトラブルが起きた場合には、売主が損をして泣き寝入りする事が多いので、音声録音をしておけば、相手の主張がおかしければ、ハッキリと言いましょう。

 

中古車で前オーナーの事故の有無が分からない場合

買う時は、事故車かどうかは聞いていると思うので、事故車ではないと聞いているなら、以下を伝えましょう。
「中古車で買ったのですが車を買う時は事故車とは聞いていません。
 私が、運転していた時は、事故を起こした事はありません。」

 

まとめ

筆者は10台以上、車を乗り継いできましたが、再査定のトラブルを経験した事はないです。
当然素直に、事故の有無は報告しています。

 

10年前以上の車を中古車で買って、手放す際に事故車ですねと言われ、5万円の査定額だった事はあります。
事故車とは気付かず買いました。査定士の方がフレーム部分の再塗装を見て、事故車と気づかれました。
古い車は仕方ないかとショックではありましたが、事故車と認め、査定額の大幅ダウンを了承しました・・・。