先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

【質問】
車売却 走行距離何キロを目安に売るのがお得?

【回答】
1年で1万キロ以下の計算であればマイナス査定はされません。
(例)新車から3年経つ場合、3万キロ以下であればOKです

 

お得で考えるなら、新車から3年以内であれば走行距離が少ない方が査定額は高くなります。2万キロ以下はアップが期待出来ます。

 

気にする人、気にしない人

「あなたは、中古車を購入する際に、走行距離を気にしますか?」
欲しい車が決まっているとしたら、1番に価格、2番目に年式・装備、3番目に走行距離の方が多いのではないでしょうか。
つまり、同じ価格、装備であれば走行距離が少しでも少ない方を購入しようと思うのが心理と思います。

 

走行距離の多い車は敬遠

年式の割りに距離を走っている車は、購入するときに敬遠される傾向にあります。
メンテナンス代がかかったり、その車を売る際に安くなるのを避けたいのが本音と思います。
大切に乗られていないイメージを持たれる方も多い様です。

 

車を足として考えている方は、気にせず安い方を購入される方もいるのも事実ではありますが。

 

中古屋さんにより評価は異なる

1年1万キロの法則で、それ以上の走行距離はマイナスになるのは確実です。
では、逆に距離が少ないと、プラス査定になるかは、査定会社によります。

 

その方が高く売れると思ったら、査定額に反映してくれますし、あまり価格には関係ないと思ったら、査定額はアップしません。
何度も同じ事いうようで申し訳ないですが、結局は複数の買取業者に査定を出して1番良い条件の所に売るのがお得という事です。

 

スーパーカーの世界は特別

フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーでは、走行距離は2万キロを超えると、売却額がガクっと下がります。
ここでは1年1万キロの法則は通じません。
スーパーカーは、普通の車と比べ走行距離が査定額に直結する、異例なジャンルと言えそうです。