先頭に戻る

車売却 【自動車を下取りに出すのは損!売るなら一括査定】

MENU

車両保険は、高いですよね。入ると毎月の保険料が1万円上がったという事も・・・。
筆者なりに車両保険が必要かどうかと、知ると得する情報をお伝えします。

 

2種類ある車両保険

保険会社に関係なく、以下の2種類があります。

一般車両

全ての事故に対応。当て逃げや、自分でぶつけた場合でも保険で直せます
ただし、保険料は激高です。
車の保障価格や、スポーツカー等の車別により保険料は大きく異なりますが、月1万以上の上乗せも覚悟する必要があります。

 

車対車+限定A

相手が特定できる事故や災害などが適用対象です。
自分でぶつけた場合や当て逃げは対象外となります。
「一般車両」に入っている方が「車対車+限定A」に変更すると保険料は大幅にダウンします。

 

車両保険に入りたいけど、保険料を安くしたいという方は、こちらのタイプを検討されると良いです。

 

そもそも車両保険は必要?

筆者は入るかどうかは以下を目安にしています。

・新車で車体価格で300万円以上(オプションは含まない)
・中古車で250万円以上した場合

 

意外と使わない車両保険

筆者は、以前中古のVOXY購入時に車両保険入っていました。
そして、エアロをこすって修理代で保険を使うか迷いましたが、結局使いませんでした。
理由としては、保険を使うと等級が下がり保険料が上がる為です。
あと、修理代と上がる保険料の天秤にかけたら、使わない方が得だったのです。
こういうケースは多々あると聞きます。

 

こういうケースで役立つ

ケース1

事故で、自分の車の修理する必要が出てきたとします。
過失割合に応じて、自費で負担する事になります。
車両保険を使えば、出費はゼロです。

 

停車状態で事故等しない限り、過失が10:0になる事は、ほぼないです。
修理代が80万円の場合、過失7:3で、3がこちらの過失の場合、80万円×0.3 =24万円の負担になります。
大きい金額ですよね。
寝上がる保険料と修理代を比べての保険を使うかの検討になりますが、安心感はあります。

 

ケース2

相手が任意保険に入っていない場合、修理代を払ってもらえない事があります
民事裁判すれば多額の費用と時間があかkるので、泣き寝入りとなる場合が多いです。
不本意ではありますが、そういう時に車両保険に入っていれば、それを使って修理出来ます。

 

ケース3

過失割合で揉めた場合、確定するまで修理代等もらえないので、取り急ぎ自費で修理する必要が出てきます。
車両保険に入っていれば仮で先払いしてくれるので、自費は0円で済みます。
ただし、保険を使う形になるので、過失割合によっては保険を付かない方が得な場合もあります・・・。

 

 

如何だったでしょうか?
保険に入っていても使うかどうかはケースバイケースなのが難しい所です。
筆者は、車両保険に入っていた時期もありますが、1度も使わなかったので今では保険料を安くするべく入っていません。