先頭に戻る

車を売るタイミング いつ売却するのが高く売れる?

MENU

車の査定価格は、毎月少しずつ下がり続けます
従って、売ろうと思った時が売りのタイミングです。
車の売り時

 

4月や9月は、車の需要があがるので、その1〜2ヶ月前は、高く売れる時期になります。
しかし高く売れる時期から3ヶ月以上期間がある場合は、すぐに査定に出した方が、結果的に高い金額で売れる可能性が高いです。

 

また、車種やタイプによって多少高く売れる時期があります。
オープンカーは、夏前が高く売れ、冬が若干不利になります。
また、RV車は海外で高く売れるので、海外販売ルートを持っている買い取り店は高く売れます。

 

査定額はどうやって決まるの?

車の査定額は、業者のみが参加出来るオークションの売買価格で相場が決まります。

 

走行距離や傷の有無、車の状態など、1台1台違うので、それらを考慮して、買い取り店は赤字にならない範囲で査定額を出します。

 

また、上に書いたように海外など、特別な販売ルートを持っている所は、他社よりも有利な査定額が付くことあります。
希に他社に比べて、10万円〜20万円の査定額の差は良くある事ですが、30万円以上査定額が違う場合などは、このケースに当てはまります。
なお、そういう買取店を事前に調べるのは大変なので、一括査定を利用して、高い所に売るのが得策です。

 

査定前には、車の引き取り準備を

査定に出す場合は、多くの買い取り店が、すぐに車を引き取りたいとの申し出があります。
トランクに入れている荷物をおろしたり、装備品で取り外したいものがある場合は、取り外して査定に出す事をお勧めします。
急に荷物を下すとおろし忘れが発生してしまいますし、また査定前に荷物を下す事で、スッキリし査定士に与える印象も良くなります。

 

特に社内を電装していたり、ぬいぐるみなどを多数置いている方は、査定前に取り外す事をお勧めします。
内装は傷の確認など目視で行われるため、縫いぐるみがあると、査定に時間がかかります。

 

契約書の捺印は慎重に

契約書に捺印した後のキャンセルは違約金を取られる場合がありますので、注意しましょう。
稀に契約書に印を押した後、車を引き取ってもらった後に、やっぱりやめたい、他の店舗の方が高く売れるのでやめたいという方がいるようです。
買取店も既に手続きを進めていたり売り上げに含めているため、契約書に捺印後のキャンセルは大きなトラブルに発展する可能性があります。

 

少しでも高く売りたいなら、最低2業者、理想は3業者以上の出張査定を受ける事を勧めします。